新エネルギー財団

中小水力発電支援サイト 流量・流況データベース

取扱注意事項
利用上の取扱注意事項等
当サイトによる河川流量等の情報は,水力発電開発の支援を目的にデータを集約したものであり,本データを活用した事業の実施を保証するものではありません。最終的な事業の判断や情報のご利用にあたっては,利用者自身の判断で行うようにお願いいたします。
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが,正確性・確実性を保証するものではありません。また,当財団は利用者が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。
当サイトに掲載されている情報を用いたことにより,または掲載されていた情報を用いることができなかったことにより,利用者が何らかの損害を被った場合でも,当財団および当財団に情報を提供している第三者は一切責任を負うものではありません。当サイトの内容の正誤に関わらず,それにより被った損害についても一切責任を負いかねます。
当サイトに掲載されている情報などは,予告なく変更または削除される場合がありますのであらかじめご了承ください。
掲載情報について
当サイトに掲載する流量観測地点には,国土交通省が所管する「水文水質データベース」にリンクしているものが含まれ,当該地点のデータは当該データベースにて入手可能です。なお,当該データベースの取扱注意事項は当該サイトにてご確認ください。
北海道にて管理する河川流量データについては,北海道のホームページ内データを利用しています。その他,ご提供いただいた地方公共団体および関係事業者様の流量・水利権データは,当サイトにて閲覧・ダウンロードが可能です。
地方公共団体および関係事業者様よりご提供いただいた,流量・水利権データについては,当サイトに合わせた表記に変換し,確認した上で掲載しております。
当サイトにおける観測所・水利権の場所を示す緯度経度の調査には,国土地理院提供の地理院地図とGoogle Map検索を使用しております。なお,この緯度経度はおおよその位置を示すものであり,正確な観測所・水利権ポイントを示すものではないことをご了承ください。
当システムで使用している地図は,Google Maps APIを使用し,最小縮尺は1/150,000,000,最大縮尺を1/15,000に設定しております。
検索条件が入力された場合は,該当データのアイコンがすべて表示されるよう自動で縮尺をセットします。検索条件が未入力の場合は,1/1,500,000以上の縮尺にするとアイコンが表示されます。
国土交通省が所管する1級河川流量データ,北海道および沖縄県2級河川流量データは,国土交通省 水文水質データベースの情報を元に観測所情報を表示しています。
2級河川流量データ及び一部の1級河川流量データ(ダム)は,観測者様から提供された観測所情報を表示しています。
水利権情報は,保有者様から提供された情報を表示しています。
推奨ブラウザと動作設定
当ホームページを利用するためには,ブラウザのJavaScript,Cookieが有効になっている必要があります。ブラウザ設定は各社のヘルプをご確認ください。
ディスプレイ解像度は,FWXGA(1366×768)に最適化しています。XGA(1024×768)以上の解像度が設定できるディスプレイでご利用ください。
推奨ブラウザは以下の通りです。(2017年1月現在)
Microsoft Edge、Internet Explorer Ver.9以上(Ver.11推奨)
Google Chrome 最新版
Firefox 最新版
Safari 最新版
システム利用における注意事項
中小水力発電支援サイト 流量・流況データベースは,一度に多くのユーザが利用するとレスポンスが低下します。また,当ホームページは一般を対象としており,通常のブラウザで閲覧することを前提に情報を掲載しております。ツール等による,自動的なデータ収集等はサーバに負荷がかかり,情報提供できなくなる恐れがありますので原則としてご遠慮ください。ご理解・ご協力お願いします。
地図検索
Google マップを用いた地図上での測水所及び水利権情報の検索が可能です。
検索
取扱注意事項を
ご確認ください
測水所検索
都道府県・水系名・河川名より河川流量を観測する測水所の検索,河川流量と流況グラフの閲覧とダウンロードが可能です。
検索
取扱注意事項を
ご確認ください
水利権検索
都道府県・水系名より河川の水利権情報検索が可能です。
検索
取扱注意事項を
ご確認ください
ご使用のブラウザの設定によってはPDFが開かないことがあります。その際は、お手数ですがPDFファイルをパソコンのハードディスクに保存してから開いてください。

Topics

  • 2017/03/24
    中小水力発電支援サイト 流量・流況データベースサイトを公開しました。